危機の後、人々は教会に群がります

人々はパールハーバー、1929年の株式市場の暴落、2008年の金融危機、特に2001年9月11日以降、人々は教会に群がりました。私たちの多くは昨日のように9-11を覚えており、最近の日々は私たちをあまりにも親しみやすい場所に連れて行ってくれました。
2020-03-27_14h09_04.png
しかし、最近の歴史の中で初めて、国家危機の間、人々は教会から遠ざけられています。
https://www.christianpost.com/voices/after-a-crisis-people-flock-to-church.html
2001年に、私はテキサスのCEOでした。9月11日の朝、私はオクラホマシティからDFWを経由してダレス/ボルチモア空港に向かう飛行機に乗っていました。飛行中、パイロットは5つのベルを鳴らし、客室乗務員に緊急事態が発生したことを知らせました。パイロットが「キャビン、急な方向転換に備える」と発表したとき、彼らはカートを通路に残しました。私は自分のラップトップを胸に押し付けるだけの十分な時間を持っていました。私たちが着陸した後、パイロットは私たちの飛行機がワシントンDCの空域に入るところだったので、空軍は入る人はだれでも撃墜されると述べました
ダラスの地面に着いてモトローラの携帯電話を開いたとき、私はオフィスに電話しました。彼らは非常に心配しており、私たちのオフィスの近くにある小さな聖公会に祈りに行っていました。はい、信者と非信者で構成された私のスタッフ全員が教会に行き、私たちの国と大統領のために祈りました。その週末、アメリカ中の教会は、多くが初めてイエスを崇拝したい人々で殺到しました。危機から大きな伝道の機会が訪れました。
今日アメリカを見渡すと、歴史上初めて、教会の扉が閉まります。教会はオンラインサービスと説教を通して彼らの会衆に到達しなければなりません。多くの教会はスクランブルをかけ、たった一週間でそれを理解しようとしています。

罠は仕掛けられるものです。主イエス・キリストのまことの導きが与えられますように!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント