教会は30日で11人のメンバーをコロナウイルスに失いました。「私が感じている痛みについて言葉はありません」と牧師は言います

ニューヨーク—致命的な新しいコロナウイルスによる11人を含む30日間で13人のメンバーを失ったハーレム牧師は、彼の会衆の多くは教会の驚異的な死者数にもかかわらずウイルスについて未テストのままであるため、彼の会衆の信仰は現在テストされていると信じていると述べました。
2020-04-22_19h20_26.png
全世界的に新型コロナウイルス(COVID-19)による災いが猛威を振るっているようです。
神の守りを求めましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゃりんこ(SHALOM)
2020年08月10日 11:47
こんにちは。

「WAKE UP, PEOPLE! 」というブログを紹介させてください。

『家族や子供を守りたい人に贈る記事ーコロナの”本当の”危険に備えるための世界のニュース』
https://worldinfo.hatenablog.jp/entry/2020/07/23/230722

内容の正確さは保証できませんが、コロナ騒動ことをわかりやすくまとめいていると思います。

それから、崎谷博征さんというお医者さんのブログに次のようなことが書いてありました。
「世界的な直接大衆管理においては、政策を命令する国家や政治家は必要ではなく、直接サイエンスに基づいたシステムに服従させます。
これをテクノクラシー(technocracy)といいます。
一度このような人工社会が成立してしまえば、私たちはどこにも不服従を申し立てるところがなくなります。
なぜなら、無機的なシステムが命令しているからです(責任所在のない官僚組織と似ています)。
感染症の専門家は、ロックダウンやソーシャル・ディスタンスが有効と口角泡を飛ばして主張していますが、社会隔離が本当にリアルサイエンスなのかを解析した最新の研究では、その科学的根拠は極めて弱いということです。
服従させるシステムの根幹となるサイエンスがこのようにフェイクなのです。
フェイクサイエンスを拒否すれば、このようなシステムが私たちを支配するような暗い未来は訪れません。」

他にも興味深い記事があるので、よかったらこちらもどうぞ。

ドクターヒロのリアル・サイエンス
『人口爆発フェイク:世界の人口は爆発的に増え続けているのか?』https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12616411028.html

ローマクラブ「成長の限界」のもとは経済学者マルサスの『人口論』でそれらはSDGsにつながっています。

『人口論』
人口は制限されなければ幾何級数的に増加するが生活資源は算術級数的にしか増加しないので、生活資源は必ず不足する。
人口は世界で生産される食料の量によって最大限が設定され、それよりも人口が増加すると、飢えや、疫病、食糧の奪い合いに基づく戦争等が発生して人口は減り、それによって総人口は調節されていると主張する。

マルサスの人口論はチャールズ・ダーウィンの進化論に少なからず影響を与えている。食糧不足に適応できた者が生き残るという考えが、人だけではなくすべての生物にあてはまると考えたのである。
自然淘汰が動植物の世界には起きるため、生存競争において有利な個体差をもったものが生き残り、子孫は有利な変異を受け継いだとダーウィンは結論したのである。

フランシス・ゴルトン『優生学』
ゴルトンは従兄弟のダーウィンが1859年に著した『種の起源』から影響を受けた。
消極的優生学は断種や人種差別、ジェノサイドにまで発展した。
ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルは、ダーウィンの進化論を広めるのに貢献した。

『エコロジー』という言葉は、ヘッケルにより1866年に生み出された。
(元来のエコロジーは生物と生物の関係、生物とそれを取り巻く無機的環境との関係を研究する生物学の一分野。一般的には、自然環境と調和し環境保全や地球に負荷をかけないという意味で用いられる。)
ヘッケルの言葉「聾者や唖者、知恵おくれ、不治の遺伝病者などの障害者たちを成人になるまで生かしておいても、そこから人類はいかなる恩恵を得るだろう?…もしモルヒネの投与により不治の病人たちを言葉に尽くせぬ苦しみから完全に解放することにしたら、どれほどの苦しみ、どれほどの損失が避けられるだろう?」

SDGsでは、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っていますが、どういう意味なんでしょう?
じゃりんこ
2020年08月10日 12:20
ムーンショット計画とトランスヒューマニズム

「内閣府のホームページより」
ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現
ターゲット誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤
* 2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。
* 2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。
サイバネティック・アバター生活
* 2050年までに、望む人は誰でも身体的能力、認知能力及び知覚能力をトップレベルまで拡張できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を普及させる。
* 2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。
そういえば最近「新しい生活様式」って言葉をよく耳にしますね。


[トランスヒューマニズム]
生命を促進する原則と価値に基づき、科学技術により現在の人間の形態や限界を超克した知的生命への進化の継続と加速を追及する生命哲学の一潮流である。

「日本トランスヒューマニスト協会のホームページより。」
科学技術で積極的に人間を改良するという思想は、一聞すると非常に非人道的で冷酷な考えのように感じることでしょう。生命の冒涜だと捉える方もいるかもしれません。しかしトランスヒューマニズムの本質は、生命の抑制ではなく促進です。科学技術の力によって病気や障害のみならず老化や死までをも克服し、生きていることの喜びを最大限に感受できるようになること。だれもが生きていることの素晴らしさを実感できるようになること。生という貴重で美しい体験をあらゆる手段をもって保護・保存すること。これこそがトランスヒューマニズムの基礎をなす考え方です。トランスヒューマニストとはすなわち、「生命への愛」により定義される人々なのです。
日本には無神論者や無宗教者が多く、トランスヒューマニズムとは相性が良いため、キリスト教的風土が根強い米国を抜き去って世界一のトランスヒューマニズム国となるポテンシャルを秘めています。
じゃりんこ
2020年08月10日 12:44
世界経済フォーラム(WEF)は3日、2021年1月に開催する年次総会(ダボス会議)のテーマを「グレート・リセット」にすると発表しました。

クラウス・シュワブ氏は、資本主義の変容、すなわち利益至上主義からSDGsを中心に据えた資本主義への転換を訴えているそうです。
『グレート・リセット』とはアメリカの「クリエイティブ都市論」で知られる社会学者、リチャード・フロリダの著作のタイトルでもあります。
(副題は「新しい経済と社会は大不況から生まれる」)

「私たちはいま地殻変動のさなかにいて、まったく新しい経済秩序に突入する。それは(19世紀の)農業経済から工業経済へ移行したような大変革で、今回は工業経済からアイデアに基づいたクリエイティブな経済に移行する」(リチャード・フロリダ)
じゃりんこ
2020年08月10日 12:56
ダボス会議のテーマが発表された3日というのは6月3日のことです。
先ほどのコメントで6月が抜けていました。すみません。
じゃりんこ
2020年08月10日 13:24
おすすめします。

中川牧師の書斎から#019 「世界統一政府への道」-国連と世界経済フォーラム
https://youtu.be/wDU8m54M-eU
じゃりんこ
2020年08月10日 14:27
中川牧師のYouTubeメッセージで、green economy という言葉が出てきたので気になって調べたところ、大紀元(法輪功)のページの『環境主義の裏にいる共産主義』という記事を見つけました。

「マルクスの無神論や唯物主義は、環境主義の特徴と自然に一致したのである。マルクスは、資本主義は自然に(つまり自然環境に)反すると言った。マルクスの弟子は「エコシステム」(生態系)という言葉を造り、環境主義を一部の学問にこっそりと紛れこませた。
イギリスの科学者レイ・ランケスターとアーサー・タンズリーは、エコロジーとエコシステムという概念を発展させた。エコロジーとマルクス主義が繋がったのは、ランケスター、タンズリー、マルクス主義が接触した時である。もちろん、エコロジーと環境主義は同じではない。エコロジーは生命と環境の関係であり、環境主義は自然災害に関わっている。しかし、エコロジーは環境主義と密接な関係がある。なぜならば、エコロジーは自然災害に理論的な根拠を与えるからだ。」

緑の政治―緑は新しい赤ということのようです。
じゃりんこ
2020年08月10日 16:26
グリーン経済(Green Economy)とは、ウィキペディアによると、持続可能な開発・発展を実現する経済のあり方(簡潔には「環境に優しい経済」)をいうそうです。
じゃりんこ
2020年08月11日 12:59
「1994 壁画 デンバー国際空港 マスク」で画像を検索すると、たくさんの国の人がマスクをつけている絵を見ることができます。
じゃりんこ
2020年08月13日 09:59
2012年ロンドン五輪の開会式が新型コロナを予言、動画で発覚!
https://tocana.jp/2020/05/post_154605_entry.html

都市伝説系のサイトなのでそのまま信じないよう注意してください。
信じるか信じないかは、あなた次第です!(笑)