世界中で宗教の自由が悪化しています。クリスチャンは最も迫害されたグループのままです

宗教に対する政府の制限は世界中で増加しています - そして、キリスト教徒とイスラム教徒は他のどの宗教グループよりも多くの国で迫害されている、とPew Research Centerは発見しました。
2019-07-21_21h26_10.png

https://www.christianpost.com/news/religious-freedom-getting-worse-around-the-world-christians-remain-most-persecuted-group-pew.html

「世界各地で宗教の制限がどのように高まっているかを詳しく見てみる」と題したPewのレポートは、2007年から2017年までの10年間にわたり、198カ国を調査した。
月曜日に発表されたこの 調査は、クリスチャンは世界143カ国で迫害に直面している、世界で最も嫌がらせを受けた宗教団体であることを明らかにしています。2017年の140カ国での宗教的迫害の報告で、イスラム教徒はそれほど遅れてはいません。
「2007年から2017年までの10年間で、宗教に対する政府の制限 - 宗教的信条や慣行を制限する州当局による法律、政策および行動 - は世界中で著しく増加した」と研究者は述べた。「また、2007年以降、宗教を含む社会的敵対行為(個人、団体、団体による暴力や嫌がらせを含む)も増加しています。」
当然のことながら、中東 - 北アフリカ地域ではクリスチャンとイスラム教徒が最も嫌がらせを受け、アジア太平洋地域では2番目に高いレベルのキリスト教迫害が見られました。中国やロシアのように、「高い」または「非常に高い」レベルの規制を課す人口の多い国の数は、10年間で40から52に増えました。
しかし、宗教に対する政府の制限も民主主義的に増加しています。全体的に見て、ヨーロッパは制限の最大の増加を見ており、そのスコアは調査の10年間で倍増しています。

"世界中で宗教の自由が悪化しています。クリスチャンは最も迫害されたグループのままです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント